FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【買った本】2冊
2009年10月18日 (日) | 編集 |
・『「いのち」の流れ―峰島旭雄先生傘寿記念論文集』(北樹出版)
・『知のエクスプロージョン―東洋と西洋の交差』(司馬春英、渡辺明照(編著)、北樹出版)

ありがたいことです。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

スポンサーサイト
【買った本】9冊
2009年10月18日 (日) | 編集 |
月末までにやることがピンチ。手に付かない。

・トム・ロブ・スミス『チャイルド44』上巻(田口俊樹(翻訳)、新潮文庫)
・〃下巻
・トム・ロブ・スミス『グラーグ57』上巻(田口俊樹(翻訳)、新潮文庫)
・〃下巻
・バートランド・ラッセル『怠惰への讃歌』(堀秀彦、柿村峻(翻訳)、平凡社ライブラリー)
・竹内好『日本とアジア』(ちくま学芸文庫)
・栗原俊雄『シベリア抑留―未完の悲劇』(岩波新書)
・絓秀実 『1968年』(ちくま新書)
・内井惣七『ダーウィンの思想―人間と動物のあいだ』(岩波新書)

トム・ロブ・スミスの本は、シベリアの収容所のことが知りたい一環で。本屋の平積みになっていた『グラーグ57』が目についた。そしたら『チャイルド44』の続編だというじゃないですか。結果的に『チャイルド44』のほうが面白かったけど。

岩波文庫の『シベリア抑留』は期待してよいのかまだ不明。

絓(すが)は糸偏に圭。このブログ上で表記されてるかな。石原吉郎について書いていたものを読んだことがある(気がする)。今回の9冊の中では、2、3番目くらいに期待。1番目は・・・竹内好か。

ダーウィンについては、松永俊男『チャールズ・ダーウィンの生涯 進化論を生んだジェントルマンの社会』(朝日選書)も気になるところ。
新書ばっかり買ってもどうかと思ったんだけど、現実問題としてなんでも買うわけにはいかないのだ。図書館頼み。図書館で借りた本は記憶にのこらない、買った本は(その後読まなくても)とにかく買った記憶はある・・・といった記事を、最近どこかの新聞で見たけれど、そんなことはない。面白かった本は、ずっと頭の片隅にあって、いつか何かの拍子に再会したり、ほんとに買っちゃったりするものだ。
困るのは、読みたい時にすぐ手元にないこと。小さいような大きいような不便さだけれど、まあなんとかなるさ。なんとかするさ。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】2冊+2冊
2009年09月21日 (月) | 編集 |
・濱田秀伯『精神医学エッセンス』(弘文堂)
・一海知義『漢詩入門』(岩波ジュニア新書)

 上は生協で。
 濱田さんの本は、前に『精神医学エッセンス』をみて、これは便利(?)と思ったので。


・武田泰淳『滅亡について』(岩波文庫)
・ミハイル・バフチン『ミハイル・バフチン著作集2』(斎藤俊雄、佐々木寛(訳)、新時代社)

 これらは古本屋で。
 バフチンの本、図書館でずっと借りてたけど、やっぱ手元に欲しいと思って古本屋で。
 ああ、前に探したときは全冊揃いであったのに・・・あのとき買っていれば・・・。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】4冊
2009年09月13日 (日) | 編集 |
・矢部史郎、白石嘉治、他VOL編集委員(編集) 『VOL lexicon』、以文社
・スティーブン・ピンカー(著)『思考する言語〈上〉―「ことばの意味」から人間性に迫る』(幾島幸子、桜内篤子(翻訳)、NHKブックス
・同〈中〉
・同〈下〉

ピンカーさんの本、すっごく読みやすくて面白い。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】5冊
2009年07月27日 (月) | 編集 |
読んだ本の記録も中断してるけど、先にこっち(買った本の記録)から。

・佐藤卓巳『輿論と世論―日本的民意の系譜学』(新潮選書)
・白川静『詩経―中国の古代歌謡』(中公文庫BIBLO)
・小此木啓吾『対象消失』(中公新書)
・ガストン・バシュラール『空間の詩学』(岩村行雄(訳)、ちくま学芸文庫)
・イーフー・トゥアン『空間の経験―身体から都市へ』(山本浩(訳)、ちくま学芸文庫)

どんどん金欠になる一方。どうしよ。って、まずは節約・倹約するしかない。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

【買った本】7冊
2009年06月18日 (木) | 編集 |
入梅と梅雨入りとの違い、こないだ初めて知ったよ。

・カート・ヴォネガット『パームサンデー ―自伝的コラージュ―』(飛田茂雄(翻訳)、ハヤカワ文庫SF)
・グレゴリー・ベイトソン『精神と自然~生きた世界の認識論~』(佐藤良明(翻訳)、新思索社;改訂版)
・長谷川三千子『からごころ~日本精神の逆説~』(中公叢書)
・京極夏彦『幽談』(メディアファクトリー)
・京極夏彦『妖怪の理妖怪の檻』(角川書店)
・京極夏彦『後巷説百物語』(角川書店)
・福間良明『「戦争体験」の戦後史~世代・教養・イデオロギー~』(中公新書)

ヴォネガットのは、先月だったか、生協で珍しく注文ではなく棚から買ったもの。うちの学校の生協はとても小さい。その品揃えは誰がしているのか・・・時々気になるのだけれど、知らないまま今に至る。
京極夏彦の本は数年振りに買った。楽しみ。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

【買った本】2冊
2009年05月09日 (土) | 編集 |
人はよわいものだから。
裏切っては後悔、の繰り返し。
(しかし誰をか?)
裏切るのには理由があって、それもいくつもあって、だから理由を数えても仕方ない。
(しかし一体、この世に仕方なくないことなんてあるだろうか?)

ま、幸せなこともあるさ。

・荒井 献『ユダとは誰か―原始キリスト教と『ユダの福音書』の中のユダ』(岩波書店)
・『春秋左氏伝』下(小倉芳彦(訳)、岩波文庫)

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】10冊
2009年04月20日 (月) | 編集 |
恒例の記録。
ああ、定職にして欲しい。非常勤でもいいから定年まで勤めさせて欲しい。
『春秋左氏伝』」の下巻だけ、版がまだ。そろそろできる頃かしら。

個人的に、「書経」を岩波文庫でぜひ出して欲しい。
こりゃあ、ちょっと読んだだけだけれど、面白い。

・畑谷史代(著)、『シベリア抑留とは何だったのか~詩人・石原吉郎のみちのり~』(岩波ジュニア新書)
・笹山尚人(著)、『労働法はぼくらの味方!』(岩波ジュニア新書)
・『春秋左氏伝 上』(小倉芳彦(訳)、岩波文庫)
・『春秋左氏伝 中』(小倉芳彦(訳)、岩波文庫)
・高群逸枝(著)、『娘巡礼記』(堀場清子(校注)、岩波文庫)
・円地文子(著)、『江戸文学問わず語り』(講談社文芸文庫)
・富岡多惠子(著)、『西鶴の感情』(講談社文芸文庫)
・笹本正治(著)、『中世の音・近世の音~鐘の音の結ぶ世界~』(講談社学術文庫)
・メアリ・ダグラス(著)、『汚穢(けがれ)と禁忌』(塚本利明(翻訳)、ちくま学芸文庫)
・大岡信(著)、『ひとの最後の言葉』(ちくま文庫)

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】6冊
2009年03月20日 (金) | 編集 |

・花田清輝『鳥獣戯話・小説平家』(講談社学術文庫)
・鹿野政直『近代日本思想案内』(岩波文庫)
・新井白石『読史余論』(村岡典嗣(校訂)、岩波文庫)
・イマニュエル・カント『美と崇高との感情性に関する観察』(上野直昭(訳)、岩波文庫)
・マルセル・モース『贈与論』(吉田 禎吾・江川 純一(翻訳)、ちくま学芸文庫)
・吉田光雄『ナチ・ドイツと言語~ヒトラー演説から民衆の悪夢まで~』(岩波新書)
・ジャック・ロッシ、ミシェル・サルド(共著)『ラーゲリのフランス人―収容所群島・漂流24年』(外川継男(訳)、惠雅堂出版)

最後の一冊は古本屋で。
私の魂は、本当にこれらの本でなりたっているのだろうか?いくのだろうか?

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

【買った本】8冊+1?
2009年02月24日 (火) | 編集 |
ええと、先日注文してたのを引き取ってきた本。

・見田宗介『まなざしの地獄~尽きなく生きることの社会学~』(河出書房新社)
・日高六郎『戦後思想を考える』(岩波新書)
・塩川伸明『民族とネイション~ナショナリズムという難問~』(岩波新書)
・溝口睦子『アマテラスの誕生~古代王権の源流を探る~』(岩波新書)
・高津春繁『比較言語学入門』(岩波文庫)
・ヴァーツヤーヤナ『カーマ・スートラ~完訳~』(岩本裕(訳)、平凡社東洋文庫)
・ハンナ・アレント『人間の条件』(志水速雄(訳)、ちくま学芸文庫)
・ハンナ・アレント『革命について』(志水速雄(訳)、ちくま学芸文庫)

なんというか・・・我ながらしょっちゅう思うのだが、岩波のマワシモノのようだ。
あと、

・内村剛介、陶山幾朗『内村剛介ロングインタビュー~生き急ぎ、感じせく‐私の二十世紀~』(惠雅堂出版)

も、届いたらしいのだが、タッチの差で引き取れなかった。近日中には。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】6冊
2009年02月03日 (火) | 編集 |
先月買ってた本。

・『老子』(蜂屋邦夫(訳注)、岩波文庫)
・『カレワラ物語~フィンランドの神々~』(小泉 保(翻訳)、岩波少年文庫)
・H.S. クシュナー『なぜ私だけが苦しむのか~現代のヨブ記~』(斎藤 武(翻訳)、岩波現代文庫)
・ジュディス バトラー『自分自身を説明すること~倫理的暴力の批判~』(佐藤 嘉幸・清水 知子(翻訳)、月曜社)
・ジュンパ ラヒリ 『その名にちなんで』 (小川 高義(翻訳)、新潮文庫)
・苅部直・片岡竜(編)『日本思想史ハンドブック』(新書館)

ここ最近、どうもね。
日常生活は送れているけれどもね。
愛が必要です。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。