FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
奇跡のクマ(ミルン『クマのプーさん』)
2008年04月20日 (日) | 編集 |
クマのプーさん Anniversary Editionクマのプーさん Anniversary Edition
(2006/09)
E.H. シェパード、A.A. ミルン 他

商品詳細を見る

A.A. Milne (原著)、E.H. Shepard (原著)、石井 桃子 (翻訳)
『クマのプーさん Anniversary Edition』(岩波書店、2006/09)

わーい!
オールカラーの挿絵が素敵だなあと思って、注文してしまった。
先日とどいた。

 プーは,なかみを見たとき,もうすこしで,ころぶところでした。そんなにうれしかったのです。それは,特製えんぴつケースだったのです。そのなかにはベア(クマ)というしるしに,Bの字のついたえんぴつや,ヘルプフル・ベア(役にたつクマ)というしるしに,HBのついたえんぴつや、ブレイヴ・ベア(勇敢なるクマ)というしるしに,BBのついたえんぴつなどっがはいっていました。
(158ページ)



こういうのって、とっても素敵だと思う。
奇跡のようなおはなし。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
スポンサーサイト



どこかで見たアゴ(Patrick McDonnell "Just Like Heaven")
2008年02月25日 (月) | 編集 |
Just Like HeavenJust Like Heaven
(2006/10/04)
Patrick McDonnell

商品詳細を見る

Patrick McDonnell
"Just Like Heaven"(Little Brown & Co,2006/10/4)

『おくりものはナンニモナイ』(原題"The Gift of Nothing")に続く、猫のムーチとアールの絵本。(今回もアールは最後のほうで少し出るだけなんだけどね。)
前作がとっても好きだと思ったので、これは邦語訳が出るのを待っていられなくて、注文してしまった。
やっと届いた!受け取ってきた!!ひゃっほう!!!

なんといっても途中で出て来る犬とムーチとの対面するところが愛らしさ爆発(変な表現だ)。

  So he opened his arms and said...

  "Hug Time!"

  And they did.



ことばで書くとたったこれだけの4ページが、もう最高だ。

どちらかというと前作のほうが好きだし、素敵だと思うことは変わらないのだけれど、この本もとってもおすすめ。
一家に一冊ぜひどうぞ。

なお「どこかで見たアゴ」というのは、これに出てくる犬のアゴ。
これはなんというか…クッ○ングパパだな。ううむ。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
どうぞ
2008年01月02日 (水) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力