FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れちゃいけない本
2007年05月30日 (水) | 編集 |
地に呪われたる者 (みすずライブラリー)地に呪われたる者 (みすずライブラリー)
(1996/09)
フランツ ファノン

商品詳細を見る

フランツ ファノン(著)、鈴木 道彦(翻訳)、浦野 衣子(翻訳)、
『地に呪われたる者』(みすず書房、1996年)


ボーヴォワールやサルトルの名前を出したからには、
忘れちゃいけない(と私が思ってる)本。

フランツ・ファノンFrantz Omar Fanon(1925-1961)、カリブ海のフランス領下マルティニークで生まれ、アルジェリア独立運動で指導的立場となって戦った精神科医。本の表紙にある写真を見ればわかるように、白人と黒人との混血筋。白血病で36歳で亡くなった。

本書には戦地で彼がみた兵士たちの記録が少し登場する。そう、戦争では肉体的な医者だけではなく、精神科医も重要な役割を果たすことだろう

私はそんなに歴史に詳しいわけじゃない。
でも、色々なことをきちんと考えたいなら、そんなこと言ってらんないんだよね。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
スポンサーサイト
いま気になる本
2007年05月19日 (土) | 編集 |
井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法 (シリーズ 子どもたちの未来のために)井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法 (シリーズ 子どもたちの未来のために)
(2006/07/21)
井上 ひさし

商品詳細を見る

井上 ひさし(著)、いわさき ちひろ(イラスト)
『井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法』(講談社、2006年)


今度これ読んでみようかな。

ただし、最近思うのは、たとえ日本が平和憲法を持っていても、それが近隣諸国(の一般の人々)に知られていなければ、危険は減らないだろうってこと。
(逆に言えば、自国だけでなく他国の人々にも、日本が平和憲法をもっていることが知られれば、現実ももっと平和になるんじゃないか…と私は期待してしまってるんだけど。)
でも、それをいくら言葉で言っても、実際の行動が違ってたら、信用してもらえない。

だったら、やっぱり行動もそのように振舞わなくっちゃ。
そして、そのためには先ずなにより自覚しなくっちゃ。

けれども、それには覚悟もいるんだろうな。
平和のために、死ねる覚悟が。

ところで、平和であってもなくても、人はいつか死ぬ。
ってことは、どういう死に方を自分はよしとするか、なんだろうな。

って、どんどん話が個人レベルのことになっちゃった。

*****

その後、ちゃんと読んだよ。

おすすめの本
2007年05月18日 (金) | 編集 |
子どもと話す 言葉ってなに?子どもと話す 言葉ってなに?
(2006/07)
影浦 峡

商品詳細を見る

影浦 峡 (著)
『子どもと話す 言葉ってなに?』(現代企画室、2006年)


言葉を使う、多くの人に。
あと、自戒をこめて。

必読の本
2007年05月15日 (火) | 編集 |
私のように黒い夜―肌を焼き塗り黒人社会へ深く入った白人の物語私のように黒い夜―肌を焼き塗り黒人社会へ深く入った白人の物語
(2006/07)
ジョン・ハワード グリフィン

商品詳細を見る

ジョン・ハワード グリフィン(著)、平井 イサク(翻訳)
『私のように黒い夜―肌を焼き塗り黒人社会へ深く入った白人の物語』(ブルースインターアクションズ、2006年)


1974年に同じ翻訳者により、至誠堂から出版されているものの、全面改訳復刻。
この本を成立させている、ほんの一言たりとも、削ることは不可能に思う。

なんとなく、いま紹介したくなった。(有名な本だろうから、紹介するだなんて大変に恥ずかしい言い方だけど。)

ここに書かれているようなことが、どうして自分とは関係ないなんて思えるだろう?
想像力をちょっと使えば、誰も身近に類似したこと(それは極小さいことかもしれないが)がしょっちゅう起きてるのが分かるはず(少なくとも、ユートピアのような世界に生きている人でないならば)。

でも想像力が貧困な人もいるから(私自身がそうでないように!そうならないように!)、こういうことってやっぱり無くならないんだろうな。
だからといって、放置していいはずもないんだけど。

追記:
私は小さい人間で、「この世のあらゆる差別や偏見をなくそう!」なんて大それたことはできっこないんだけど、だからせめて身近なところでは出来るだけのことをしたいし、そうしたがる人間性を持つ身でありたい。
その身近なところですら、うまく出来ないのだけど。
本当に面白い本
2007年05月10日 (木) | 編集 |
アナーキスト人類学のための断章アナーキスト人類学のための断章
(2006/10/31)
デヴィッド グレーバー

商品詳細を見る

デヴィッド グレーバー (著), 高祖 岩三郎 (翻訳)
『アナーキスト人類学のための断章』(以文社、2006/10/31)


面白い本という場合の、「面白い」にも色々だ。
ちょっと前にワーキングなんたらという題の日記に書いた本、あれは「自分とはやや異なる分野の入門書として」という意味での面白さのようなもんだ。

でも、この本はちがう。考え方として、もうサイコー。

チューテ・ビアンキ、白いツナギ…。

ワーキング・ノレッジ
2007年05月02日 (水) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。