FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N・N~S・S(見田宗介『まなざしの地獄』)
2009年02月24日 (火) | 編集 |
まなざしの地獄まなざしの地獄
(2008/11/07)
見田 宗介

商品詳細を見る

見田宗介(著)
『まなざしの地獄』(河出書房新社)

1973年に発表された本書タイトルの論考と、1965年の「新しい望郷の歌」を併録。
1968~69年の、あの永山則夫の連続ピストル射殺事件を中心に、当時の日本社会を考察したもの。
すごく勉強になった。時代についても、社会についても、考え方についても。

1965~1970年頃について、こんな記述がある。

 家郷をあとにする青少年は、ひとつの解放への希望を抱いて、「尽きなく存在する」意思として都会に足をふみ入れる。
 一方現代日本の都市は、このような青少年を要求し、歓迎するという。けれどもこれはうそである。少なくとも正確ではない。都市が要求し、歓迎するのは、ほんとうは青少年ではなく、「新鮮な労働力」にすぎない。しかして「尽きなく存在し」ようとする自由な人間たちをではない
 ところがこの「新鮮な労働力」はその一つ一つ、解放への生を求める自由な主体としての人間、ましてや青少年である。
(19頁、斜字体部分は原文傍点。)


「金の卵」としての彼らを、人手不足の雇用者たちは、優遇し、ちやほやし、「はれものにさわるみたいに」大切にするだろう。だがあくまでもそれは彼らが、「やる気をもった家畜」として忍耐強く働く〈若年労働力〉たるかぎりにおいてである。
(21頁)


「金の卵」としての彼らの階級的対他存在にとって、このような存在ののりこえへの意思、生の無限性への意欲は、たんに当惑させるものであり、不条理な攪乱要因にすぎない。雇用者たちにしてみれば、このような少年たちの「尽きなく存在し」ようとする欲望くらい、不本意で腹立たしいものはない。「こんなにも大切にしてやっているのに、どこまでつけあがる……。」道徳教育への要求。「近ごろの若い者はわからん。」
(22頁、斜字体部分は原文傍点。)



さて、いまの日本はどうなのか。
「やる気をもった家畜」すら歓迎されていないのではないか。
と、私はこんな風に、考えたり書いたりする時間も、体力も、財力も、(今のところ、しかも少々なものだが)あると言える。どん底の貧乏じゃあない。
でも今貧乏じゃないからといって、貧乏が好きなわけでもないし、褒め称える(「貧しいって立派だよね!」みたいなことを言うひともいそうだ)つもりも全くなく、清貧はいいかもしれないが行き過ぎた貧しさは恐ろしい。そうはなりたくない。が、どうしたらそれが避けられるのかも分からない。

あー私は何を言いたいのだろう。

ともかく、六十何億円の家を持つ首相がいる一方、「おにぎりが食べたい」と書いて餓死した人がいるようなこの国は、おかしい。ということだけはいつも思っていると言いたい。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
スポンサーサイト
NAMESAKE(ジュンパ・ラヒリ『その名にちなんで』)
2009年02月24日 (火) | 編集 |
その名にちなんで (新潮文庫)その名にちなんで (新潮文庫)
(2007/10)
ジュンパ ラヒリ

商品詳細を見る

ジュンパ・ラヒリ(著)
『その名にちなんで』(小川孝義(訳)、新潮文庫)

アメリカへ移住したベンガル人、アショケとアシマ。
その息子のゴーゴリ、後にニキルと改名する男性が主人公。
もちろんこの名は、ロシアのニコライ・ゴーゴリにちなんで付けられた名。

比較文化という点でも、名前とは・名付けることとはといったテーマでも、また男女の恋話としても、とても面白い本だった。
ゴーゴリ/ニキルの人生もだけれど、アショケとアシマの物語(ああ、とてもリアルなのに、「物語」ということばが合うと思う)がとても素敵だと思った。

決して「めでたしめでたし」の本ではないのだが。

ところで、本の中に出てくる人たちに研究者(大学教授とか、博士論文を書上げようとしている人たちとか)が多いのは、やはりインドからアメリカへ「出世」するとなると、どうしてもそういう方面が王道ってことだからなんだろうか。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】8冊+1?
2009年02月24日 (火) | 編集 |
ええと、先日注文してたのを引き取ってきた本。

・見田宗介『まなざしの地獄~尽きなく生きることの社会学~』(河出書房新社)
・日高六郎『戦後思想を考える』(岩波新書)
・塩川伸明『民族とネイション~ナショナリズムという難問~』(岩波新書)
・溝口睦子『アマテラスの誕生~古代王権の源流を探る~』(岩波新書)
・高津春繁『比較言語学入門』(岩波文庫)
・ヴァーツヤーヤナ『カーマ・スートラ~完訳~』(岩本裕(訳)、平凡社東洋文庫)
・ハンナ・アレント『人間の条件』(志水速雄(訳)、ちくま学芸文庫)
・ハンナ・アレント『革命について』(志水速雄(訳)、ちくま学芸文庫)

なんというか・・・我ながらしょっちゅう思うのだが、岩波のマワシモノのようだ。
あと、

・内村剛介、陶山幾朗『内村剛介ロングインタビュー~生き急ぎ、感じせく‐私の二十世紀~』(惠雅堂出版)

も、届いたらしいのだが、タッチの差で引き取れなかった。近日中には。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
権力に媚びへつらう上司
2009年02月19日 (木) | 編集 |
最近の私の、くだらないけれど、それ故に爆発しそうになるストレス諸々について。
(ちなみに、母のことはくだらなくないことだから、以下とのストレス比較は成り立たない。)


*****


私は権力に媚びへつらう人が嫌いだ。

特に職場でそういう人が上役としていた日には、もう即座に辞めたくなる時がしょっちゅうある。

あ。「ある」と断定して書くと、現在そうだと思われてしまうので、「あるだろう」としておかないといけませんね。一応はシャカイジンとして。

権力に媚びへつらう人も嫌いだが、保身にはしる人も嫌いだ。

いや、保身にはしるのは仕方ないかもしれない。

だとしても、自分がそういう姿勢であるという自覚のない人が嫌いだ。

つまり、保身(要するに「何かあったとき責任とりたくないから」ってこと)という理由を、あたかもその場での昔ながらの規則であるかのように、しかも他人を尊重するスバラシイ規則であるかのようにうだうだ言う人が嫌いだ。
(「そのほうが周囲に筋を通すことになるから」?愚劣卑劣なイイワケですね)。

上にへつらい、下をこき使う人が嫌いだ。
(だがそういう人に限って、更に上からは「なんでもしてくれる」と重宝がられる。実際に更に「なんでもさせられる」のは、下の下の者なんですがね。)

どうでもいい気遣いばかりして、怒るときは自分勝手極まりない屁理屈を持ち出す人が嫌いだ。
(しかもそういう人に限って話がしつこい。)
(こちらを馬鹿にしているのか?)
(しかしより馬鹿に見えているのは自分だということに気付かないのか?永久に?)

声が無駄に大きい(しかも殆ど常に)人が嫌いだ。つうか迷惑だ。
(注目されたいのか?)
(ストレスがたまっているのか?しかし周囲には何倍もストレスですよ?)

いつも忙しがっている人が嫌いだ。つうか鬱陶しい。
(やっぱり、注目されたいのか?)
(思うに、忙しくない人なんていない。昼寝をしている人だって、人生かけて昼寝をしているかもしれないし、実際に目一杯昼寝を楽しんでいるなら、そういうのを「くだらないヒマ」だとは言えないだろう。)

人の突然の不幸を理由に、それによって増えた業務の忙しさを楽しむ人が嫌いだ。
(そんなのは死者への尊重心でもなんでもない。)
(儀式・儀礼はいい。しかし、そのための手続きや準備作業を楽しむことは醜悪だ。)


でもこういうこと(ひと)って、世間にはいくらでもある(いる)のだろう。


勉強における私の師匠方は、本当にすばらしい。年々その思いが深まる。
一方で、世間てやつはどうだ。
と憤懣をぶちまけたくもなります。器の小さい人間なのでね、私は。

今日はこう思った。
「頭と性格、両方よくなってくれ、なんて難しいことは言いません。どちらかで結構ですからお願いします。」
…自分もだがね。


ちなみに「へつらう」って、漢字で「諂う」と書く。
キーボードで変換すれば簡単に出てくるけど、馴染みがない気がするのでタイトルはひらがなにした。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
愛する人の身代わりに
2009年02月16日 (月) | 編集 |
母の身代わりになりたい、という気持ちもあります。
(自分でもびっくりだけれど、自然にふとそう思いました。これが母以外の相手だったら…いや、書くまい。)

しかし、身代わりになりたいと思えども、日常の細々とした気遣いはできないおのれの怠惰さ。

こういうのばっか。
少しずつでもあらためられるのだろうか。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
母の入院
2009年02月16日 (月) | 編集 |
個人的な話で恐縮ですが(いつも個人的な話ともいえますが)、
実は母が近々、入院して手術を受けます。

先週は、母の不安で私も不安定になっていたようで、なんともはや。
なんともはや、なんて暢気に書けているので、今のところ母子ともに大丈夫です。

どうにか早く気合いを入れて、1年半前くらいの勢いを取り戻したい(取り戻せるものなら)、と思っています。
でもそう思い続けてはや3、4ヶ月経っている気もします。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
ジャックとダニエル(デュ・ガール『チボー家の人々1』)
2009年02月16日 (月) | 編集 |
チボー家の人々 (1) (白水Uブックス (38))チボー家の人々 (1) (白水Uブックス (38))
(1984/01)
ロジェ・マルタン・デュ・ガール

商品詳細を見る

ロジェ・マルタン・デュ・ガール(著)、山内義雄(訳)
『チボー家の人々 1 灰色のノート』(白水uブックス)

こういう少年同士の友情って、ほんとうにあるのだろうか。現在でもあるのだろうか。
『ジャン・クリストフ』の少年期にも、たしか似たような章があったけれど。
続きを読みたい。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
ラビってどういう人なのか(クシュナー『なぜ私だけが苦しむのか』)
2009年02月16日 (月) | 編集 |
なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫)なぜ私だけが苦しむのか―現代のヨブ記 (岩波現代文庫)
(2008/03/14)
H.S. クシュナー

商品詳細を見る

H. S. クシュナー(著)、斎藤武(訳)
『なぜ私だけが苦しむのか 現代のヨブ記』(岩波現代文庫)

これもいつ読んだんだっけ?
「現代のヨブ記」の副題に惹かれて購入。
これは・・・およそX年前、私につまらないセッキョウをかまそうとした人たちが読んだら、どう思うかしらね。と、イヤな気持ちになるのは私がまだまだ著者ほど人間ができていないからなのだけれど。(この「人間ができていない」とか、逆に「できている」とか、その意味するところは、幸せなことではなくて、とても悲しいことが関係しているようにも思うが。)

この本では、第1章のはじめに次の問いをあげる。

「なぜ、善良な人が不幸にみまわれるのか?」(2頁)

ヨブ記の主題もこれ。まったく、どうしてなのか。
この問いに「だって世間はそうなってるんだしー」とか「弱いからだよ」とか、ともかく答えを出してしまっている人もいるだろうなあ。つうかいる。ああ全く、それらこそが善良な人の不幸の原因ですね。答えを出している人たちも、そりゃあ善良な人たちでしょう。ああ全く、他人の不幸どころか自分の不幸まで作ってるなんて、恐れ入ります。

上の問いは、しょっちゅう忘れがち(忘れられるなんてシアワセな時間を持っているものだね、私も)だけれど、しょっちゅう思い出していたい。
個人的には、内扉に引用されていたサムエル記12章22-23節に衝撃を受けた。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
この人も去年亡くなった(ソルジェニーツィン『ソルジェニーツィン短編集』)
2009年02月16日 (月) | 編集 |
ソルジェニーツィン短篇集 (岩波文庫)ソルジェニーツィン短篇集 (岩波文庫)
(1987/06)
ソルジェニーツィン木村 浩

商品詳細を見る

アレクサンドル・ソルジェニーツィン(著)、木村浩(編訳)
『ソルジェニーツィン短篇集』(岩波文庫)

いつ読んだんだっけ?
「マトリョーナの家」、「クレチェトフカ駅の出来事」「公共のためには」「胴巻きのザハール」の4篇を収録。
どれも違って、どれも面白い。
「マトリョーナ~」の、いかにもな素朴な農民像、それへの崇拝めいた最後。
「クレチェトフカ駅~」の、個人の良心と所属集団への忠誠とのゆらぎ。
「公共の~」の、理想的な教育現場と、それを狡賢く利用する卑劣漢への怒り、不平等な体制への不満。
「胴巻きのザハール」の、ロシア人像の過去と未来の(不)変容を想像させる雰囲気。

ソルジェニーツィンは金にがめつかった(テレビ局にすんごい額のギャラを請求したらしい)とか、かの「イワン・デニーソヴィチの一日」に描かれているラーゲリなんて実際とくらべると甘っちょろいとか、それは色々批判もあるようだけれど、やっぱりこの人の書くものは読んでいて面白いなと私は感じる。
なんでなのか。
なんというか、単純な、ストレートな怒りみないなものを感じるからだろうか。もしくは、単純な皮肉を感じるからだろうか。
原語のロシア語の文も、読み味わえたらなおよいのだろうけれど、それは本家のロシア人達にお任せということで。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
愛の自傷行為(倉橋由美子『暗い旅』)
2009年02月04日 (水) | 編集 |
暗い旅 (河出文庫)暗い旅 (河出文庫)
(2008/09/04)
倉橋 由美子

商品詳細を見る

倉橋由美子(著)
『暗い旅』(河出文庫)

これもやっぱり、私は『倉橋由美子全作品』3(新潮社、1975年)を図書館から借りて読んだのだけれど。いずれ河出文庫で読み直したい。
前に同じ著者の「聖少女」の読書記録を書いたし、今回は簡潔に。(でも作品からいうと、こっちの「暗い旅」のほうが面白いと思う。)


愛する相手に対して、自分が他の人と通じたことを告げるのは、相手の愛ではなくむしろ自分自身の愛をそこねるから危険なのだと思う。他の人と通じることじゃあない。それを告げること。

どういうことか。

説明するのは野暮なのだが要するに、告げる度に自分は相手をあまり好きでなくなっていく、ということだ。だからもし相手を愛していたいのならば(相手から愛されていたいのならば、ではなくて)、言ってはだめだ。


まあ私はそう思ったということで。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
マドンナじゃなくて(倉橋由美子『聖少女』)
2009年02月04日 (水) | 編集 |
聖少女 (新潮文庫)聖少女 (新潮文庫)
(2008/01)
倉橋 由美子

商品詳細を見る

倉橋由美子(著)
『聖少女』(新潮文庫)

私が読んだのは、正確には『倉橋由美子全作品』5(新潮社、1976年)で。
知人がすすめるので読んでみたが、いやはやなんとも。

作者は、この前段階の作品として「わたしの心はパパのもの」という小説を書いたそうな。これはチャーリー・パーカーの"My Heart Belongs to Daddy"という唄の題をそのまま邦訳して使ったそうなのだけれど、私は残念ながらチャーリー・パーカーを聴いたことない。

さて、『聖少女』は、娘・美紀による父娘の近親相姦(日記)が一見すると主なテーマ。でも私は、主人公の青年・Kの思いがずっと気になってしょうがなかった。父娘の恋愛を至近距離で見つつ、でも他人という位置が。そしてその少女に嵌ってしまう男心が。ずるいなあと思った。何に対してかは分からんが。

本作に関する「作品ノート」に、次のように書いてあった。

(・・・)作者が立てた仮説は、例えば父と娘が「間違い」ではなくて恋人同士になるという、考えられる限りのいやらしい帰結が、精神の自由な働きの落し穴として生じる可能性があるのではないかということである。これは例の「クレタ島の人はみな嘘つきである」以来の論理的なパラドックスからそれほど遠いものではない。自由に運動する精神がその自由に適当な制約を設けておかなかったためにある地点で足がもつれて倒れることは大いに考えられる。その意味でこれは精神が遭遇する事故のようなものかもしれない。従ってその地点への歩行は危険なのである。あるいはその観念を弄ぶのは危険なのである。それを敢えてやってみせるのは、別にこれぞ果敢なる冒険というほどの意味などなくて、子供に特有の恐いもの知らずとか好奇心とかのせいであるにすぎない。
(『倉橋由美子全作品』5、255頁)



私はこの「聖少女」を読みながら、ふと久坂葉子を思い出した。でもそれは、倉橋由美子と久坂葉子が似ているからではなく、反対だからだと思う。雰囲気は似ている気もする。女のいやらしさとか、荒々しさとか。でも倉橋由美子という人は、きっととても頭のよい人だ。(久坂葉子が頭悪いということでは決してないのだけれど。)

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ


【買った本】6冊
2009年02月03日 (火) | 編集 |
先月買ってた本。

・『老子』(蜂屋邦夫(訳注)、岩波文庫)
・『カレワラ物語~フィンランドの神々~』(小泉 保(翻訳)、岩波少年文庫)
・H.S. クシュナー『なぜ私だけが苦しむのか~現代のヨブ記~』(斎藤 武(翻訳)、岩波現代文庫)
・ジュディス バトラー『自分自身を説明すること~倫理的暴力の批判~』(佐藤 嘉幸・清水 知子(翻訳)、月曜社)
・ジュンパ ラヒリ 『その名にちなんで』 (小川 高義(翻訳)、新潮文庫)
・苅部直・片岡竜(編)『日本思想史ハンドブック』(新書館)

ここ最近、どうもね。
日常生活は送れているけれどもね。
愛が必要です。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
とがま(前田利鎌『臨済・荘子』)
2009年02月03日 (火) | 編集 |
臨済・荘子 (岩波文庫)臨済・荘子 (岩波文庫)
(1990/08)
前田 利鎌

商品詳細を見る

前田利鎌(著)
『臨済・荘子』(岩波文庫)

岩波の復刊ってありがたいのだが、それまでに古本屋で絶版だからって高く買ってたりすると、とても悔しい気分になりますね。この『臨済・荘子』のことじゃあないけれど。
しょうじき、私には歯がたたない(最近このせりふばっか)。
でもよく分からないなりに、「臨済録」がこんなにおもしろく読めたとは!と感じたのは確か。

同書に収録されている「夢堂老漢」が素敵だと思った。
「斬猫」は、短いながらも繰り返し読んでみるべき。どうもひっかかるので。
「荘子」は、荘子について殆どなにも知らないので、省略。ほかも同じ。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
大正の文壇(小島政二郎『眼中の人』)
2009年02月03日 (火) | 編集 |
眼中の人 (岩波文庫)眼中の人 (岩波文庫)
(1995/04)
小島 政二郎

商品詳細を見る

小島政二郎(著)
『眼中の人』(岩波文庫)

 私が小説家を志して以来、どんな種類の小説を目ざしていたかというのに、一ト口にいえば、美しいスタイルを持った小説だった。詩のある小説だった。芥川の小説、佐藤春夫の小説、永井荷風の小説が好きだということで、ほぼ私の志している小説が彷彿とするだろう。森鴎外の小説にもスタイルの美しさがある。鴎外の小説に詩がないという人がもしいるならば、それは自身の読みの浅さを悲しむがいい。
(83ページ)



こんな著者が様々な人との出会いを通じ、その創作や人生に影響を受けていった様子が描かれている。うーん、実存的な作品って、こういうものをいうのかしら。面白かった。
芥川竜之介という人は、本当に頭のきれる人だったのだな。(今読んでいる内村剛介の本で触れられている芥川の作品に関する記述も興味深いものがある。)
しかし更に菊池寛からは、菊池本人の魅力もさることながら、その「人生的」「現実的」(83ページ)な作品にとても惹かれたらしい。ふーむ。そうなのか。
かくいう私は、『真珠婦人』を半分ほど読んだだけでイライラして(主人公らしき若い男女がイヤだった)、以来菊池寛の本は読んでない。また何か読んでみるべきなんだろうか。

大分前に読んだので、感想はこれくらいで。
でもとっても面白かった。こんなに楽しく「へー」「ほー」と思いながら読めたのは、たぶん余りないのじゃなかろうか。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
El Diario del Che en Bolivia(ゲバラ『ゲバラ日記』)
2009年02月03日 (火) | 編集 |
ゲバラ日記 (角川文庫)ゲバラ日記 (角川文庫)
(1999/02)
チェ ゲバラ

商品詳細を見る

チェ・ゲバラ(著)、高橋正(訳)、
『ゲバラ日記』(角川文庫 改版、1999/02)

十年前、大学の生協で買った本(カバーに生協のシールがついてた。さっき剥がしたけど)。買った当初はよく分からずに、そのまま放置。最近になって映画『チェ 28歳の革命』を観たので、「そういえば家に本があったはず…」と思って探し出して読み始めたら、すごかった。

角川文庫『ゲバラ日記』は、ゲバラのボリビア日記の邦訳。1966年11月7日から、捕まって殺される前々日の1967年10月7日までの、およそ11ヶ月分の記録。
読み始めは、やっぱりよく分からなかった。そもそもゲリラ活動というのがどうやって行われるのか、自分が全然知らなかったことに気付いたのだった。このゲバラの日記では、ひたすら移動、移動、移動、たまにキャンプ、銃撃戦も時々、そしてまた移動、移動、キャンプ、そのキャンプも前と同じところに戻ったり…の繰り返しで、「一体これは何なんだ」と混乱した。けれども、ある瞬間、「ああこれがゲリラ戦というやつなんだ」と気付いたのだった。

肉体的にも精神的にも厳しい毎日。それを中年以降も続けられたゲバラは、なんというか、やっぱり「すごすぎる」。

ゲバラについては、これまで「革命家の情熱をもって 君を抱擁しよう」のフレーズだけなぜか知っていたのだけれど、これは例の「別れの手紙」に書かれている文なの?
先述の映画の第二弾『39歳 別れの手紙』も気になるところだけど、このままだと見逃しそう。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。