FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟ったわけではないけれど
2009年08月16日 (日) | 編集 |
およそ2ヶ月前、自分の身に起きたこと(今後も死ぬまで続くこと)ではげしく動揺した。
そんなとき読んだ新聞に、悲劇的な事件が沢山載っているのが目につき、さらに絶望した。

涅槃というのは「死んで二度とこの世に生まれかわらないこと」という。
わたしは2ヶ月前、それを強く望んだ。
その望みは今も変わらない。

この年齢まで生きれば、どんなに呑気な人生でも、多少は苦しむこともあるし、世間を見てもっともっと大変な人たちに共感や同情して悲しいこともある。
けれども、せいぜい「次に生れるときは荒野のサボテンがいいなあ」と思う程度だった。
二度と生まれてきたくない、などとは思わなかった。思えなかった。
「だってやっぱり素晴らしいことは沢山あるもの」と単純だった。
その単純さがよいのかわるいのかは知らない。でもわるいような気がする。

あれから2ヵ月たって、最もおそろしい可能性には目を瞑って
(「最も恐ろしい(こと)」がどんな状態なのかも考えたくない。 恐ろしさとはそういうものではないか?)、
幸せな気持ちになることも多々あり
(幸せすぎて、ある日突然死の宣告を受けるのではないかとおびえている)、
それでもやはり、もう二度とこの世に生れたくないと思う。

と、ここで考えるのは、キリスト教はつらいなあということ。
最後の審判で地獄行きが決まって、そこで永遠に苦しむよりは、ずっと死んだままにしておいて欲しい。
(自分が天国へ行ける自信はないからね。)
それよりは、果てしなく輪廻してても、いつかそこから抜け出せるかも、という留保があるほうがまだマシ。

こんな自分の考え程度で宗教を選んで決められるとは思ってないけれど。

ちなみに、私は「本気で輪廻転生を信じてますッ!」と言っているわけではない。
もっと素朴なはなしをしているのです。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

スポンサーサイト
2009年ベスト(福間良明『「戦争体験」の戦後史 世代・教養・イデオロギー』)
2009年08月13日 (木) | 編集 |
「戦争体験」の戦後史―世代・教養・イデオロギー (中公新書)「戦争体験」の戦後史―世代・教養・イデオロギー (中公新書)
(2009/03)
福間 良明

商品詳細を見る

■福間良明(著)『「戦争体験」の戦後史 世代・教養・イデオロギー』(中公新書)

これは2009年のベスト10に入ります。
ベスト1かも。
反戦・平和論の論じられ方の変化が丁寧にたどってあります。
それにしても、誰かを責めながら、かつ現状の悲惨さを改善していくという両立は、とても難しい。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

ください!私はもうあげてる!(マルセル・モース『贈与論』)
2009年08月13日 (木) | 編集 |
贈与論 (ちくま学芸文庫)贈与論 (ちくま学芸文庫)
(2009/02)
マルセル モース

商品詳細を見る

■マルセル・モース(著)『贈与論』(吉田禎吾、江川純一(訳)、ちくま学芸文庫)

贈与は返礼とセット。どうしてもそうなのね。

贈与が交換と違うのは、
1:時間差(交換は同時に行われることが殆どだと思うが、贈与に対する返礼はしばらく後)
2:それによる不透明性
3:それらを贈与する側・される側が了解していること
だろうか。

だったらどうなる、という部分はこれから考えをまとめるとして。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

私の目覚まし時計音は(笹本正治『中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界』)
2009年08月13日 (木) | 編集 |
中世の音・近世の音―鐘の音の結ぶ世界 (講談社学術文庫)中世の音・近世の音―鐘の音の結ぶ世界 (講談社学術文庫)
(2008/04/10)
笹本 正治

商品詳細を見る

■笹本正治(著)『中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界』(講談社学術文庫)

鐘の音ひとつからでも、こんなに色々な探究ができるのだな、と。
鐘の音ひとつへでも、人はこんなに色々な情動をはたらかせることができるのだな、と。

私の目覚まし時計音の意味は・・・悪夢から現実の境をつなぐものだろうか。
悪夢と現実、どちらがより良いのか。悪夢のほうがましな気がする。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

よくなくすというか、なくされたというか(小此木啓吾『対象喪失 悲しむということ』)
2009年08月13日 (木) | 編集 |
対象喪失―悲しむということ (中公新書 (557))対象喪失―悲しむということ (中公新書 (557))
(1979/11)
小此木 啓吾

商品詳細を見る

■小此木啓吾(著)『対象喪失 悲しむということ』(中公新書)

随分前にフロイトの喪の論を読んで、それがちょうど私の石原吉郎論とかぶっていたので、喪つまり対象喪失の克服の過程について知りたいと思ったのだった。
この新書には色々な事例が紹介されていて、読みやすかった。
ただ、一番価値がある(ってのも変なのだけれど)部分は、著者がフロイト自身について論じている部分じゃなかろうか。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

診てもらいたい(ジークムント フロイト『幻想の未来/文化への不満』)
2009年08月13日 (木) | 編集 |
幻想の未来/文化への不満 (光文社古典新訳文庫)幻想の未来/文化への不満 (光文社古典新訳文庫)
(2007/09/06)
ジークムント フロイト

商品詳細を見る

■ジークムント フロイト(著)『幻想の未来/文化への不満』(中山元(翻訳)、光文社古典新訳文庫)

フロイトの本って、読むと「これ私も感じてた!思ってた!考えてた!」ということが多い。
それは私が育ってきた環境の、特に読んできた本や目につくものの中に、フロイトの述べてきたことが広く採用され認められるようになってきていたってことかしらん。そして知らず知らずのうちにフロイトのような考え方を私もするようになった・そのような考え方を素直に受け容れるようになった、ってことかしらん。
ともかく、自己愛・自己弁明・自己嫌悪といったことに関心がある私としては、今後も色々読んで学びたいところです。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

これの次は「前」の話(京極夏彦『後巷説百物語』)
2009年08月13日 (木) | 編集 |
後巷説百物語 (Kwai books)後巷説百物語 (Kwai books)
(2003/12)
京極 夏彦

商品詳細を見る

■京極夏彦(著)『後巷説百物語』(角川書店)

既に文庫もでてるけど、好きだから単行本を買う。
久々に楽しめました。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

いつでもこわい(京極夏彦『幽談』)
2009年08月13日 (木) | 編集 |
幽談 (幽BOOKS)幽談 (幽BOOKS)
(2008/07/16)
京極夏彦

商品詳細を見る

■京極夏彦(著)『幽談』(メディアファクトリー)

これから夏がくるし、夜の怪談に・・・って、大分前に書こうとして、気付いたらもう立秋過ぎちゃってる。
あーあ。

最後の「こわいはなし」は、この著者ならもう少し深まりそうな気もしたのだけれど。
「成人」が恐いと思ったけど、やっぱり一番やなのは「下の人」かな。
思い出したらまた恐くなってきた。ひー。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。