FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常と偶然について
2009年09月21日 (月) | 編集 |
日常(安定)と偶然(不安定)は、どちらがよい悪いということではなく、またどちらが物事の関係性に開かれている閉じているということでもない。
問題が起きるとしたら、日常も偶然も、人間がそれらの語を使うというところだ。
どちらの語も、関係の拒否や否定の理由・言い訳に使うというところだ。

関係の拒否や否定をできるのは、大体が強い人だ。
というか、結果的に拒否や否定をできた人、した人が強い人だ。
そして弱い人は、自分との関係を拒否したその強い人を憧れる限り、また恨んだり憎んだりするだろう。

勝手に恨んだり憎んだりすればよいって?そりゃそうだ。
ただし、その無関心も恨みや憎しみをなくしはしない。つまりとても悲しいことだ。
恨みや憎しみを抱く側には倫理があるが、無関心な人には倫理も関係ないからね。

というわけで、日常やら偶然やらを論じる意味が、少なくとも倫理的な意味があるとすれば、人がそれらの語を「『物事の関係の否定や消失』の言い訳」として使う、という部分を突いていただきたい。

そして言い訳ってのは、たとえどんなにおかしなところがあっても、言っている当人に言い訳したいという欲が消えない限り、主張され続ける。そういうもんだろう。

強い人には、強いだけの人には、わかるまいよ。
私は弱くないけどね(周囲の人のおかげで)。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

スポンサーサイト
貧乏暇なし(濱口桂一郎『新しい労働社会―雇用システムの再構築へ』)
2009年09月21日 (月) | 編集 |
新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)新しい労働社会―雇用システムの再構築へ (岩波新書)
(2009/07)
濱口 桂一郎

商品詳細を見る

■濱口桂一郎(著)『新しい労働社会―雇用システムの再構築へ』(岩波新書)

貧乏ではない人は、ヒマはなくても、暇をつくれるだろう。
貧乏である人には、ヒマはできても、暇はあってはならないだろう。

なんて言葉遊びのレベルはもう結構。

働きすぎの人には休息を、
職のない人には仕事を、
頭の悪い人には愛を、

これら皆それぞれ「得てもらう必要がある」ってことだと私は思います。
与えよう、なんて上から目線ではなくて。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】2冊+2冊
2009年09月21日 (月) | 編集 |
・濱田秀伯『精神医学エッセンス』(弘文堂)
・一海知義『漢詩入門』(岩波ジュニア新書)

 上は生協で。
 濱田さんの本は、前に『精神医学エッセンス』をみて、これは便利(?)と思ったので。


・武田泰淳『滅亡について』(岩波文庫)
・ミハイル・バフチン『ミハイル・バフチン著作集2』(斎藤俊雄、佐々木寛(訳)、新時代社)

 これらは古本屋で。
 バフチンの本、図書館でずっと借りてたけど、やっぱ手元に欲しいと思って古本屋で。
 ああ、前に探したときは全冊揃いであったのに・・・あのとき買っていれば・・・。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
もういいや(安藤礼二『光の曼荼羅 日本文学論』)
2009年09月21日 (月) | 編集 |
光の曼陀羅 日本文学論光の曼陀羅 日本文学論
(2008/11/22)
安藤 礼二

商品詳細を見る

■安藤礼二『光の曼荼羅 日本文学論』(講談社)

折口信夫以外、埴谷雄高と稲垣足穂についてはよく知りませんが。
人物交流等についてよく調べられているし、面白いと思ったところもあるが、全体的にどうも居心地悪い。何故かと考えてみるに、おそらく宗教について著者は知識はあっても関心がないのか、と感じたからかもしれない。

作品に同性愛的なるものを見出すことと、すべてを同性愛に還元することとは別だ。
また、いずれにせよ、その同性愛的なるものがどのような面白みがあるのか、といったことまで触れられなければ、論じる意味はないように思う。

本書は、折口の(同)性愛を、その作品にみられる生々しさや生命感に発展させて見たいのかもしれないが、それがあまり上手くいっていないように思った。

要するに私には文が気に入らなかった。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
辞書(『VOL lexicon』)
2009年09月13日 (日) | 編集 |
VOL lexicon(レキシコン)VOL lexicon(レキシコン)
(2009/07/10)
矢部 史郎、

商品詳細を見る

・『VOL lexicon』矢部史郎、白石嘉治、他VOL編集委員(編集)、以文社

デヴィッド・グレーバーの新しい本、欲しいなあ。読みたいなあ。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
そして詩へ?(スティーブン・ピンカー『思考する言語(下)』)
2009年09月13日 (日) | 編集 |
思考する言語〈下〉―「ことばの意味」から人間性に迫る (NHKブックス)思考する言語〈下〉―「ことばの意味」から人間性に迫る (NHKブックス)
(2009/04)
スティーブン ピンカー

商品詳細を見る

・スティーブン・ピンカー『思考する言語(下)』NHKブックス

下巻は、タブー語と、ほのめかし(または相互知識)についてのはなしがメイン。
どうしてこうも面白いテーマ目白押しなのか。
著者は、とりあえず今のところ詩については言及してないけれど、他の本はどうなのかしら。読んでみたい。
私も頑張ろう。石原吉郎の詩よ、待ってて!

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
メタファーに挑戦(スティーブン・ピンカー『思考する言語(中)』)
2009年09月13日 (日) | 編集 |
思考する言語〈中〉―「ことばの意味」から人間性に迫る (NHKブックス)思考する言語〈中〉―「ことばの意味」から人間性に迫る (NHKブックス)
(2009/03)
スティーブン ピンカー

商品詳細を見る

・スティーブン・ピンカー『思考する言語(中)』NHKブックス

中巻は、メタファーのはなしがメイン。
これもまた面白い!メタファー、まだよくわからんが(つまり自分では使えない語だが)、もっと知りたい。
あと名前についてのはなしも。
名前のもつ社会性とか、前に私が考えたことと重なるところがあって、ああまた考えたい。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
構文で興奮(スティーブン・ピンカー『思考する言語(上)』)
2009年09月13日 (日) | 編集 |
思考する言語〈上〉―「ことばの意味」から人間性に迫る (NHKブックス)思考する言語〈上〉―「ことばの意味」から人間性に迫る (NHKブックス)
(2009/03)
スティーブン ピンカー

商品詳細を見る

・スティーブン・ピンカー『思考する言語(上)』NHKブックス

こりゃ面白い!
この本は主に英語について書かれたものだけれど、日本語についてだって色々考えられそう。

上巻は、動詞の分類と構文のはなしがメイン。
ある動詞が与格構文・使役構文のどちらをとるかについて、習慣としてその両方が可か、片方しか可でないか・・・こういうのは、その言語を母語としない人にはわかりにくいことだけれど、たしかにある。

ああ、昔の英語の授業を思い出す。
作文のとき、日本語で考えていることをそのまま英語にしようとすると、やたらと主語が受け身な文になった(この「なった」というのもそうだが)。変な英文になったものだ。自動詞と他動詞とか、もうわけわからんかった。
いまでも稀に英作しなきゃならないときは、辞書で例文をよく読んでから書くようにしているのだが、それでも変な英語になる。

私は日本語の詩への興味からこの本を読んだのだが、詩の言い回しって妙なものがあるし、ともかくこれは刺激をくれる本だ。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

働ける心身状態を維持するのも簡単ではない(竹信三恵子『ルポ雇用劣化不況』)
2009年09月13日 (日) | 編集 |
ルポ 雇用劣化不況 (岩波新書)ルポ 雇用劣化不況 (岩波新書)
(2009/04)
竹信 三恵子

商品詳細を見る

・竹信三重子『ルポ雇用劣化不況』岩波新書

 劣悪な労働環境
→労働者の心身不全
→生産物の劣化
→顧客離れ
→業績不振
→無理な業績向上への追いたて
→劣悪な労働環境
→(以下くりかえし)

あー。日々常々、疑問におもい、憤り、また将来を恐れ憂えていたことが、この本で沢山の事例とともに語られていて、改めて真剣な気持ちになった。

私は、2007年夏に北九州市で「おにぎりが食べたい」と書いて餓死された方のいたことを忘れられない。現在のところ新聞でもネットのニュースでも、餓死者の記事は殆ど見当たらないけれど、日本で(も)確実に飢えて亡くなる人がいる。この現在の日本で。
「この現在の日本で」という、あたかも「普通ありえないから!」といった気持ちを感じさせる表現は、要するに「現在の日本は〈飢餓〉といった苦しみとは縁遠いはず」という意識があるから書かれるわけだが、それがどんなに根拠のない楽観的な考えであることか。

読んでいて、本当に暗くなった。北一輝の主張したように、個人の財産の上限(北はたしか当時で「百万円」といった)でも何でも決めて欲しい。
日本の借金が1085兆円あるときに、ウン十億の家に住むような人が首相になったような国は、おかしい(今回の選挙でその首相も変わるだろうが、次も大差あるまい)。

・・・というのは、ひがみ根性に向かう考えなので中断。
(でもやっぱり、経営立場にある人がおのれの失策で会社を傾けておきながら、自分たちの給料はほとんど減らさずに雇用者を切り捨てたりしていくのは、本当におかしい。)

本を読んで雑感をいくつか。
・「社員箱詰め事件」ってなによ!とんでもないことだ!
・折口雅博というのは、ある意味偉い人なのかもしれない。コムスンの介護報酬不正請求事件は、介護する側にあった人たちがいかに低賃金だったか、ってことだ。
・中間管理職の人たちも大変なのだな。
・経営者や管理職にある人は、倫理道徳を学んで欲しい。年収300万円で暮らしてみて欲しい。私は年収200万を目指すべきだが。

最後にこんな文があって救われたような気がした。

だが、いくつもの現場の行き詰まりを取材してきた目から見て、脱出への道は意外に単純なように思える。まずは、「市場が決める」という呪縛から逃れ、現実の人間が抱えているニーズにしっかりと向き合うこと、そのうえで、手持ちの何を使ってそのニーズに多少でも寄り添える改革を施すかを考えること、そのための手がかりの場として、働き手のニーズをまとめあげる労組や勉強会などの人のネットワークを身近なところで再建していくことだ。
(226頁)


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】4冊
2009年09月13日 (日) | 編集 |
・矢部史郎、白石嘉治、他VOL編集委員(編集) 『VOL lexicon』、以文社
・スティーブン・ピンカー(著)『思考する言語〈上〉―「ことばの意味」から人間性に迫る』(幾島幸子、桜内篤子(翻訳)、NHKブックス
・同〈中〉
・同〈下〉

ピンカーさんの本、すっごく読みやすくて面白い。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。