FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親というもの(ヘッセ『シッダールタ』)
2009年10月18日 (日) | 編集 |
シッダールタ (新潮文庫)シッダールタ (新潮文庫)
(1971/02)
ヘッセ

商品詳細を見る

ヘルマン・ヘッセ『シッダールタ』(高橋健二(訳)、新潮文庫)

夏に「文庫・新書を3冊買うと15%オフ!」という生協のフェアがあり、よっしゃ買ったろ、と本を注文してみたら、そのうち一冊が平凡社ライブラリで店員さんいわく「これは文庫じゃないんですよ~、サイズは(殆ど)文庫なんですけどね~」と。
それで急遽近くにあったもので、安いのを!と選んだのがこれだった。

面白かった。
シッダールタが父親になり、息子との不和を嘆く場面、そして過去に自分が自分の父に対してとった同じような態度を振り返る場面が、とても印象深かった。

ヘッセの本は、昔いくつか読んだことがあるけれど、今また読み返すと新しい感覚が得られるのかな。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
スポンサーサイト
【買った本】2冊
2009年10月18日 (日) | 編集 |
・『「いのち」の流れ―峰島旭雄先生傘寿記念論文集』(北樹出版)
・『知のエクスプロージョン―東洋と西洋の交差』(司馬春英、渡辺明照(編著)、北樹出版)

ありがたいことです。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

憎しみは消えないのか(トム・ロブ・スミス『グラーグ57』上下巻)
2009年10月18日 (日) | 編集 |
グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)
(2009/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る

グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)
(2009/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る

・トム・ロブ・スミス『グラーグ57』上巻(田口俊樹(翻訳)、新潮文庫)
・〃下巻

主人公が養女にした二人の姉妹のうち、姉の激しさに、なんども胸が苦しくなる。
今回は、スターリンの死という出来事が重要なポイント。あくまでこれは小説であって、実際のところソ連がどう激変したのか・しないのかは別だし、簡単に検証できない。またあんな広い領土だったのだから、その地域差もある。それでも読んでいて「ああ、こういうことはありそうだ」と想像は広がった。

主人公の肉体的・精神的な強靭さには脱帽。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
猫と人(トム・ロブ・スミス『チャイルド44』上下巻)
2009年10月18日 (日) | 編集 |
チャイルド44 上巻 (新潮文庫)チャイルド44 上巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る

チャイルド44 下巻 (新潮文庫)チャイルド44 下巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る


・トム・ロブ・スミス『チャイルド44』上巻(田口俊樹(翻訳)、新潮文庫)
・〃下巻

旧ソ連時代、ある飢餓の村の冬、ひとりの子どもが久しぶりに見かけた生き物・猫を食べるために捕らえようと、その弟を連れて森へ入る。
そして同じように飢えていた大人に、自分が食べ物として襲われる。
という衝撃的な冒頭部。
著者はイギリス人で、まだちょうど30歳くらい。イギリス人が書いたソ連のスリラー小説/スパイ小説というのも興味深い。題名の「44」というのは、44人の子どもを指す。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
【買った本】9冊
2009年10月18日 (日) | 編集 |
月末までにやることがピンチ。手に付かない。

・トム・ロブ・スミス『チャイルド44』上巻(田口俊樹(翻訳)、新潮文庫)
・〃下巻
・トム・ロブ・スミス『グラーグ57』上巻(田口俊樹(翻訳)、新潮文庫)
・〃下巻
・バートランド・ラッセル『怠惰への讃歌』(堀秀彦、柿村峻(翻訳)、平凡社ライブラリー)
・竹内好『日本とアジア』(ちくま学芸文庫)
・栗原俊雄『シベリア抑留―未完の悲劇』(岩波新書)
・絓秀実 『1968年』(ちくま新書)
・内井惣七『ダーウィンの思想―人間と動物のあいだ』(岩波新書)

トム・ロブ・スミスの本は、シベリアの収容所のことが知りたい一環で。本屋の平積みになっていた『グラーグ57』が目についた。そしたら『チャイルド44』の続編だというじゃないですか。結果的に『チャイルド44』のほうが面白かったけど。

岩波文庫の『シベリア抑留』は期待してよいのかまだ不明。

絓(すが)は糸偏に圭。このブログ上で表記されてるかな。石原吉郎について書いていたものを読んだことがある(気がする)。今回の9冊の中では、2、3番目くらいに期待。1番目は・・・竹内好か。

ダーウィンについては、松永俊男『チャールズ・ダーウィンの生涯 進化論を生んだジェントルマンの社会』(朝日選書)も気になるところ。
新書ばっかり買ってもどうかと思ったんだけど、現実問題としてなんでも買うわけにはいかないのだ。図書館頼み。図書館で借りた本は記憶にのこらない、買った本は(その後読まなくても)とにかく買った記憶はある・・・といった記事を、最近どこかの新聞で見たけれど、そんなことはない。面白かった本は、ずっと頭の片隅にあって、いつか何かの拍子に再会したり、ほんとに買っちゃったりするものだ。
困るのは、読みたい時にすぐ手元にないこと。小さいような大きいような不便さだけれど、まあなんとかなるさ。なんとかするさ。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
大岡昇平の前に(ノーマン・メイラー『裸者と死者』Ⅰ)
2009年10月10日 (土) | 編集 |
世界文学全集〈第40〉裸者と死者 I (1961年)世界文学全集〈第40〉裸者と死者 I (1961年)
(1961)
不明

商品詳細を見る

ノーマン・メイラー『裸者と死者』Ⅰ巻(山西英一訳、新潮社)

実は大岡昇平を読んだことがない(たぶん)。
家に『野火』はあった気がするが。
その大岡が、この『裸者と死者』について論じているというので、じゃあまずこちらからと思った。

メイラーは千葉の館山にも来ていたらしい!
私はつい先日、といっても5月だけれど、行ったばかりのところだ。
そして彼は、日本をとても美しいところだと言ったそうだ。

この本は、二次大戦中、日本軍が死守している太平洋の小島が舞台。あくまでアメリカ軍の兵士に焦点をあてて、兵士数名の姿を、彼らの過去の生い立ちまで振り返りながら、話は進められていく。
下巻も読まねば。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
メルヒェン(宮田光雄『メルヘンの知恵』)
2009年10月10日 (土) | 編集 |
メルヘンの知恵―ただの人として生きる (岩波新書)メルヘンの知恵―ただの人として生きる (岩波新書)
(2004/03)
宮田 光雄

商品詳細を見る

宮田光雄(著)『メルヘンの知恵―ただの人として生きる』(岩波新書)

前に同じ著者の『ナチ・ドイツと言語』(岩波新書)を読んだのは記録した。
今回は「裸の王様」、「いさましいちびの仕立屋」「二人の兄弟」「死神の名付け親」の4つのグリム童話をもとに、人生についてかんがえようというもの。(ってなんかえらそう?)

もとにあった民話はどのような形で、グリム童話ではどのように少し変えられているのか、といったところとかは、やっぱり学者さんでないと書けないことなんだろうなあ。

私は「二人の兄弟」が大好きな話で、この新書に書かれた解説はもう忘れてしまったけれど、やっぱりこの話は面白いと思っている。

なんのために読んだんだか。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
事件ではなく戦争(田中克彦『ノモンハン戦争』)
2009年10月10日 (土) | 編集 |
ノモンハン戦争―モンゴルと満洲国 (岩波新書)ノモンハン戦争―モンゴルと満洲国 (岩波新書)
(2009/06)
田中 克彦

商品詳細を見る

田中克彦(著)『ノモンハン戦争』(岩波新書)

はじめに満洲の漢字表記について触れられているところから、「やっぱり田中克彦だわ~」と思った。
マンジュは満洲とも満洲とも書かれ、現在は後者の表記を用いられることのほうが多い気がするけれど、そもそも清王朝と縁の深いこの地(民族)は、その清王朝が水と関係して水偏の漢字を用いたため、マンジュも水偏の漢字「満洲」と書かれるようになったとのこと。
漢字って、一文字々々々の語源をたどって、その意味を考慮して色んな単語として使われることもあるし、単にオトだけから使われることもあるし、大変よね。しかも同じ単語でも、日本と中国(やその他の国)では意味が違うこともあるし。「夜露四苦」とか、各字の意味も考えられつつ、視覚的な面白さもある。
すごいなあ。

話は脱線しましたが、この本はノモンハンは事件ではなく、勝敗明らかな(そして日本が負けた)戦争であったこととして書かれています。
印象的だったのは、日本・満洲と交流をもとうとしたモンゴルの人々が、当時のソ連によって処刑されたということ。指導的立場にあった人をはじめ、2万5824人が有罪とされ、2万474人が銃殺された。

最近、イギリス人が書いたソ連のスパイ小説を読んだのだけれど、ソ連ってどんな国だったんだろうか。
独立って、本当に暴力によらないと勝ち取れないものなんだろうか。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。