FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秦?宋?
2012年02月08日 (水) | 編集 |
中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史
(2011/11/19)
與那覇 潤

商品詳細を見る


宋代に着目ということで、興味を引いた本。中国の転換期(という語は使われていなかったかもしれないが)について、前の『「名」と「恥」の文化』では秦朝の郡県制度が成立していった時代に言及されており、この本では宋代に重点が置かれていた。その違いが気になるところ。科挙がポイントらしいけれど。
とりあえず、中国史を理解するには私にはまだまだ知識が足りないようだ。

宋代の禅の本も、また読み直してみたくなった。
今なら少し気を入れて読めるか知らん。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

スポンサーサイト
現代のリーダーシップ育成論にも応用可?
2012年02月04日 (土) | 編集 |
「名」と「恥」の文化 (講談社学術文庫)「名」と「恥」の文化 (講談社学術文庫)
(2005/12/10)
森 三樹三郎

商品詳細を見る

 ちょうど半分、第三章まで読んだところ。
 これって、儒教について学ぶ際の副読本として面白いんではないだろうか。
 あと、名(名声、名誉)を求めることをよしとするか、拒否するかという話は、現在の学生のリーダーシップ育成にも使える話なのではないかなと思った。
 ああ、リーダーシップ…この語を使うのを恥ずかしいと思うのは何故なのか。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
19世紀
2012年02月03日 (金) | 編集 |
黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇 (岩波文庫)黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇 (岩波文庫)
(2006/04/14)
ポオ

商品詳細を見る

ようやく「黄金虫」を読んだ。なるほど、これはハッピーエンドといってよいのかしら。
同時収録されている「アモンティラードの酒樽」は「黒猫」の習作のような感じを受けるけれども、どちらが先に書かれたものか確認していないので違うかもしれない。
また「アッシャー家の崩壊」は、雰囲気がブロンテの「嵐が丘」に似ているような。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。