FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子ならぬ迷大人
2008年11月26日 (水) | 編集 |
はっきり言えば、現在の私はまたもや自分を見失っている。
色んな意味でそう思う。

けれども、そもそも見失ってない時のほうが少ないんじゃないか?


*****


小島征二郎『眼中の人』(岩波文庫)を読んでいて、芥川竜之介は大変賢い人というか学問もできる人だったらしいことを今更ながら知った。
と、「凄いなあ」と感心している間に、いやこんなことを書いている間に、少しでもそれに近づきたいなら自分も勉強すりゃよいだけのことなのだが。その「だけのこと」ができないのは凡人たる私ゆえか、と言い訳ばかり出てくるのも凡々人たることを証明してしまっているが。


*****


今は本を読むよりピアノを弾いていたい。
読めないなら書きゃいいようなものだが、(そして書くべきものもあるのだが、)なーんにも言葉が出てこない。
すごく何かに飢えているとは思うのだけれど。

なんだかとってもかなしくなってしまった。


FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。