FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間のため(神野直彦『人間回復の経済学』)
2008年12月31日 (水) | 編集 |
人間回復の経済学 (岩波新書)人間回復の経済学 (岩波新書)
(2002/05)
神野 直彦

商品詳細を見る

神野直彦(著)
『人間回復の経済学』(岩波新書、

      【政治システム】
        ↓   ↓
    財政↓     ↓財政
      ↓       ↓
【経済システム】  【社会システム】

という125ページの図、基本中の基本なんでしょうが、この年まで財政学を学んだことのない身には感動的ですらありました。なるほど、こういう枠組みなんですね。

時々、マズロー(アメリカの心理学者)の欲求5段階説(生理的、安全、社会的、自我、自己実現)を検証なしで採用して論を展開するのは気になったのだが、とても素晴らしい新書だと思った。その良心が。つまり、人間の社会から人間を排除していくようなことはおかしい!という感覚が。

ああしかし、私にはまだ分からないことが多すぎる。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。