FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に面白い本
2007年05月10日 (木) | 編集 |
アナーキスト人類学のための断章アナーキスト人類学のための断章
(2006/10/31)
デヴィッド グレーバー

商品詳細を見る

デヴィッド グレーバー (著), 高祖 岩三郎 (翻訳)
『アナーキスト人類学のための断章』(以文社、2006/10/31)


面白い本という場合の、「面白い」にも色々だ。
ちょっと前にワーキングなんたらという題の日記に書いた本、あれは「自分とはやや異なる分野の入門書として」という意味での面白さのようなもんだ。

でも、この本はちがう。考え方として、もうサイコー。

チューテ・ビアンキ、白いツナギ…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。