FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカン・ジュジュ(チュツオーラ「やし酒飲み」)
2009年01月18日 (日) | 編集 |
アフリカの日々/やし酒飲み(世界文学全集1-8) (世界文学全集 1-8)アフリカの日々/やし酒飲み(世界文学全集1-8) (世界文学全集 1-8)
(2008/06/11)
イサク・ディネセンエイモス・チュツオーラ

商品詳細を見る

『アフリカの日々/やし酒飲み』世界文学全集1-8(河出書房新社、2008/6)

ディネセンIsak Dinesen「アフリカの日々」(横山貞子訳)と、チュツオーラAmos Tutuola「やし酒飲み」(土屋哲訳)とを収録。そのうち、私が読んだのは「やし酒飲み」だけなんだけど。
(ところで、この全集シリーズって、池澤夏樹がひとりで全部編集しているんだろうか?)

いやはや、とんでもない話だった。すんごいファンタジー。子どもに是非読ませたい。勿論おとなにもお勧めといえる。内容もすんごいのだけれど、文章もそれにピッタリ。解説にもあるように日本語訳の文章がとんでもなくて(「です・ます」調と「だ・である」調が入り乱れてる)、原文の英語はどうなっているのかと読み手の好奇心を刺激します。

あらすじは、やし酒飲みの主人公が死んでしまった酒作り名人の使用人を、死者の町まで行って連れ戻そうとする話。道々いっぱい怖い怪物やら精霊やらが登場して、主人公はそれをジュジュ(どうやら葉っぱ等を精製して作ったものを使う呪術らしい)で逃れたり、捕まったり、助けられたりしながら、なんと奥さんまで途中で娶ったりする。

こりゃすごかった。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。