FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金の運用のこと
2009年03月01日 (日) | 編集 |
またもや、とんでもないことが。

*****毎日jpの記事より*****
年金運用:損失5.7兆円 過去最大 2009年2月27日 20時12分
 厚生労働省所管の年金積立金管理運用独立行政法人は27日、08年10~12月期の年金資金運用結果を公表した。市場運用分は収益率マイナス6.09%で、四半期ベースで過去最大の赤字幅となる5兆7398億円の運用損となった。08年4~12月期で8兆6738億円の赤字と、通期で過去最大の赤字だった07年度の5兆8400億円を既に上回っている。

 年金資金は01~07年度で累積黒字が約10兆3400億円あったが、08年4月からの9カ月間で約1兆6700億円に目減り。株価は年明け以降も下落傾向にあり、年度末には黒字をすべてはき出してしまう可能性もある。

 市場運用は、国内債券で1兆5105億円を稼いだものの、株式急落と円高が影響し、外国株は3兆4763億円の赤字、国内株は2兆6638億円の赤字を計上した。

 同法人は財投債を含め計116兆6299億円(うち市場運用分90兆4349億円)を運用。10~12月期は財投債で796億円の収益があり、運用資産全体では5兆6601億円(収益率マイナス4.68%)の赤字運用だった。【吉田啓志】
**********

年金積立金管理運用独立行政法人のHPの「沿革」によれば、同法人は1961(昭和36)年11月25日設立された年金福祉事業団がはじめ。
その後、1986(昭和61)年4月18日に年金資金運用事業を開始。財政投融資借入による年金資金の運用を開始。(それまで何をしていたのか?)
2001(平成13)年4月1日、年金資金運用基金の設立。厚生労働大臣から寄託された年金資金の運用を開始。
2006(平成18)年4月1日、年金積立金管理運用独立行政法人になった。

現在の理事長は、川瀬隆弘。
1965年に東京大学経済学部卒業後、日本銀行に入行。調査統計局次長や企画局長等を経て1988 年に退職。マッキンゼージャパン勤務等。
2001年、日本銀行監事。2005年、年金資金運用基金理事長となった。

実際の運用は、「シロウト」の同法人の事務職員ではなくて、「プロ」の金融機関に委託しているそうなのだけれど、だとしたらとんでもないプロがいたものですね。

私は実際に年金を払っている、いや、払わされている国民ですから、文句を言ってもよいですよね。
でも文句をいってる暇もないし、さっさと問題解決案について考えたほうがよいですね。

それにしても、運用実績の金額がはじめの2001年度を除いてみんな兆単位なの。
こりゃもう縁遠い世界のようで、いかんいかん。現実感を持たねば。

お金のために命を棄てる必要はないけれど、
お金のせいで命をとられる人はいるわけで。

そういえば、昨年だったかやたらと政治家がドバイに出張していたようだ。
そのドバイも今は無惨なことになっているようだ。
一体、政治家は何をしにドバイに行ったのでしょう?
はじける前のバブルの中で遊ぶためではないはずとは思いますがね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
kiq?Z[[[?p`... Io}łoo???s?ЭOvB fBA?ł ... s?FЂj`atsn s?ZGs?擌...
2009/03/01(日) 18:51:04 | s??W
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。