FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪の道化の歌(ロートレアモン『マルドロールの歌』)
2009年03月28日 (土) | 編集 |
マルドロールの歌 (集英社文庫)マルドロールの歌 (集英社文庫)
(1991/04)
ロートレアモン

商品詳細を見る

ロートレアモン『マルドロールの歌』(前川嘉男(訳)、集英社文庫)

誰が何をしました形式の話を読みたくないときに、
最適の本だと思いました。

耽美とかなんとかいう評をきいたことがある気もしますが、
実際は別にそうでもないと感じました。

訳者の解説はよく分からず(言いたいことは分かるが文章がどうも…)、
ふとそのような人の訳で読んで大丈夫なのかとも不安になりましたが、
でもロートレアモンにおそろしく熱を持った人のようですし、原文が原文でしょうし、
よいのだろうと思いました。

もし読者が、このところ文章がながすぎると思われるなら、ぼくの陳謝をうけていただきたいが、ぼくが卑屈になることは、期待しないでもらいたい。
(168ページ)



なんでもない一文のようでいて、口に出すと奇妙におかしいし、しかしやはり書かれていることは冷静だ。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。