FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用期間三年のこと(笹山尚人『労働法はぼくらの味方!』)
2009年04月26日 (日) | 編集 |
労働法はぼくらの味方! (岩波ジュニア新書)労働法はぼくらの味方! (岩波ジュニア新書)
(2009/02)
笹山 尚人

商品詳細を見る

笹山尚人
『労働法はぼくらの味方!』(岩波ジュニア新書)

これ、恥ずかしながら知らんかった。

派遣法四〇条の四で考えられている上限にして三年という期間は、一人の人間が三年働いたら、という意味ではない。その仕事に、派遣労働者がついて働いた期間が、三年を超えたらという意味なんだ。だから、(…)前任者から数えて三年超えていれば、四〇条の四に該当する可能性はある
(134-135ページ)



ちょっと考えれば当然のことなんだけど。
それにしても、これって派遣だけではなくて、アルバイトやその他非正規雇用者すべてに適用されるべきじゃないのかね。たとえばコンビニの店員のアルバイトも、中華まんの上に食紅で点をつける単純作業従事者も。
誰ですか、「そんな単純労働なんて対象外だろう」と思ったひとは。ひとつの仕事を責任もってやり遂げようとするなら、単純な労働なんてない。たとえはじめは単純なことしかできなくても、徐々に難しくなっていくものだ。また、単純だったらそれはそれで続けるのは難しいことだ。
だから問題点は、労働内容が単純か複雑かを議論することじゃあない。

というわけで、非正規雇用者を気楽だ単純労働だという人には、そういう人のアタマこそ気楽で単純だと言いたい。
といってしまうのは、私の個人的な妬みや嫉みも含まれもなくはないのだが。

■追記■労働者派遣法第四〇条の四とは・・・
派遣先は、第35条の2第2項の規定による通知を受けた場合において、当該労働者派遣の役務の提供を受けたならば第40条の2第1項の規定に抵触することとなる最初の日以降継続して第35条の2第2項の規定による通知を受けた派遣労働者を使用しようとするときは、当該抵触することとなる最初の日の前日までに、当該派遣労働者であつて当該派遣先に雇用されることを希望するものに対し、雇用契約の申込みをしなければならない。
(http://www.houko.com/00/01/S60/088.HTMより)

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。