学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んだ本
2007年06月30日 (土) | 編集 |
「心」をめぐる知のグローバル化と自律的個人像―「心」の聖化とマネジメント「心」をめぐる知のグローバル化と自律的個人像―「心」の聖化とマネジメント
(2007/01)
山田 陽子

商品詳細を見る

山田陽子(著)
『「心」をめぐる知のグローバル化と自律的個人像―「心」の聖化とマネジメント』(学文社、2007)


いま読んでた本。Y市立図書館から借りた本。
横書きだったのが私にとって新鮮。(縦書きの本を読むほうが多いから。)

この本は心理学的で社会学的な視点から書かれているみたいなんだけど、自分がちょうど仏教で、大分関連してるんじゃないかって事柄について考えてたところだったから。

さて、次!次!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。