FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件ではなく戦争(田中克彦『ノモンハン戦争』)
2009年10月10日 (土) | 編集 |
ノモンハン戦争―モンゴルと満洲国 (岩波新書)ノモンハン戦争―モンゴルと満洲国 (岩波新書)
(2009/06)
田中 克彦

商品詳細を見る

田中克彦(著)『ノモンハン戦争』(岩波新書)

はじめに満洲の漢字表記について触れられているところから、「やっぱり田中克彦だわ~」と思った。
マンジュは満洲とも満洲とも書かれ、現在は後者の表記を用いられることのほうが多い気がするけれど、そもそも清王朝と縁の深いこの地(民族)は、その清王朝が水と関係して水偏の漢字を用いたため、マンジュも水偏の漢字「満洲」と書かれるようになったとのこと。
漢字って、一文字々々々の語源をたどって、その意味を考慮して色んな単語として使われることもあるし、単にオトだけから使われることもあるし、大変よね。しかも同じ単語でも、日本と中国(やその他の国)では意味が違うこともあるし。「夜露四苦」とか、各字の意味も考えられつつ、視覚的な面白さもある。
すごいなあ。

話は脱線しましたが、この本はノモンハンは事件ではなく、勝敗明らかな(そして日本が負けた)戦争であったこととして書かれています。
印象的だったのは、日本・満洲と交流をもとうとしたモンゴルの人々が、当時のソ連によって処刑されたということ。指導的立場にあった人をはじめ、2万5824人が有罪とされ、2万474人が銃殺された。

最近、イギリス人が書いたソ連のスパイ小説を読んだのだけれど、ソ連ってどんな国だったんだろうか。
独立って、本当に暴力によらないと勝ち取れないものなんだろうか。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。