FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
父親というもの(ヘッセ『シッダールタ』)
2009年10月18日 (日) | 編集 |
シッダールタ (新潮文庫)シッダールタ (新潮文庫)
(1971/02)
ヘッセ

商品詳細を見る

ヘルマン・ヘッセ『シッダールタ』(高橋健二(訳)、新潮文庫)

夏に「文庫・新書を3冊買うと15%オフ!」という生協のフェアがあり、よっしゃ買ったろ、と本を注文してみたら、そのうち一冊が平凡社ライブラリで店員さんいわく「これは文庫じゃないんですよ~、サイズは(殆ど)文庫なんですけどね~」と。
それで急遽近くにあったもので、安いのを!と選んだのがこれだった。

面白かった。
シッダールタが父親になり、息子との不和を嘆く場面、そして過去に自分が自分の父に対してとった同じような態度を振り返る場面が、とても印象深かった。

ヘッセの本は、昔いくつか読んだことがあるけれど、今また読み返すと新しい感覚が得られるのかな。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ
コメント
この記事へのコメント
Re: ヘッセかあ
>まつ様

ありがとう!
と、なんとか年内にお礼をいえたよ!
まつ様も、もうしばらく後には・・・ふっふっふ。
いつもありがとう。ほんと嬉しいです。
2009/12/26(土) 23:15:35 | URL | 主水 #-[ 編集]
ヘッセかあ
お誕生日に、デミアンくれたよね。
とても面白かったのを覚えてます。
ていうかお誕生日にメールし損ねちゃった。。。
ごめんなさい。おめでとう!!
2009/11/16(月) 17:57:40 | URL | まつ #/YW2ceok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック