FC2ブログ
学問の大禁忌は作輟なり。或は作し或は輟むることありては遂に成就することなし。故に片時も此の緩がせなくするを、その志を持すると云う。(吉田松陰、「講孟箚記」安政二年七月二十六日)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秦?宋?
2012年02月08日 (水) | 編集 |
中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史
(2011/11/19)
與那覇 潤

商品詳細を見る


宋代に着目ということで、興味を引いた本。中国の転換期(という語は使われていなかったかもしれないが)について、前の『「名」と「恥」の文化』では秦朝の郡県制度が成立していった時代に言及されており、この本では宋代に重点が置かれていた。その違いが気になるところ。科挙がポイントらしいけれど。
とりあえず、中国史を理解するには私にはまだまだ知識が足りないようだ。

宋代の禅の本も、また読み直してみたくなった。
今なら少し気を入れて読めるか知らん。

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/10(日) 11:54:12 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。